一个家庭主妇的生活记录:(九)幸存-后记

2019-03-25 来源:四川诚谨和律师事务所 作者:任焱 浏览:202

       大学一年生の私が二十歳で、中島さんと出会った。下宿探しでいろんな壁に当った私が中島さんより助けの手を伸ばして頂いた。

  我是在大学一年级,当时20岁的时候和中岛女士相识的。当我在寻找住处时遇到各种困难的时候是中岛女士伸出了援手。之后我大学4年一直在中岛女士的家中借住。

  当時日本と中国の物価の差が大変大きかった時代で、私のような貧乏学生にとって大変助かった。高校卒業して、すぐ親を離れ、日本での留学生活は非常に苦しかった。それは経済面のみらなず、精神的にも大変なストレスがあった。ホームシックになった私が勉強と生活を両立しながら、苦しいと思った時に、中島さんが親の代わりに、励まして頂き、その難関を一緒に乗り越えていた。その時から、私の日本のお母さんであると思っていた。

  当时的日本的物价和中国有着很大的差距,中岛女士的帮助真是雪中送炭。我当时刚刚高中毕业,离开父母远渡重洋,在日本的生活很苦。其中辛苦不光是经济窘迫,精神压力也很大。我既要兼顾学习和生活,又非常想家。想家的时候,中岛女士就像家人一样鼓励我,帮我一起渡过了难关。从那时起,我就把她当作我在日本的母亲一样看待了。

  中島さんからいろいろ教われていた。「目標を持ち、苦しみを耐えて、必ずいつか光が見えてくる」との教育を受け続けてきた。特に中島さんが信仰をもっており、日蓮聖人の話や物語りをよく耳にしていたが、当時、内容を詳しく理解できていなかったが、中島さんの奉仕精神の源だと思っていた。

  中岛女士经常教导我说,“坚持设定的目标,忍耐痛苦,将来一定会看到光明的”。特别是中岛女士有坚定的信仰,我也经常听到她给我讲日莲圣人的故事。当时我还不能完全理解详细内容,但是隐隐感到那就是中岛女士奉献社会的精神来源。

  大学卒業して、就職できて、再度親から離れた気分で別地域での独立生活をしてきた。しかし、中島さんとの絆が更に深まった。中島さんと会う度には帰省の気分で、嬉しい気持ち一杯だった。会社での不慣れや、行き詰まりなどがあれば、中島さんとも相談をしてきていた。いろんな人生指導も受けてきた。言葉が少ない中島さんが自らの行動で私を教育してきた。紀伊長島を連れてくれて、老人への世話をずっとしてきた中島さんの姿を見ると、本当に心広い方だとしみじみと思っていた。

  我在日本大学毕业后顺利的就职了。因为要到别的地区独立生活,又一次离开父母的感觉油然而生。然而,我们的缘分更深了。每次我回到中岛女士家中看望她时就有一种回到自己家中的感觉,心中充满了喜悦。我在公司中遇到的一些不习惯和想不通的事也是向中岛女士倾诉。她也是对我进行耐心教导,尤其是以自身行动教育我。她经常带我去她的老家,纪伊长岛。在那里,我看到她无私的照顾身边老人,真心觉得她是一位心地宽厚的人。

  日本で5年間会社生活を一旦切って、院生に行くことも中島さんがいなければ、最終的な決断はできかったと思う。これは私にとって、人生の中の重大決断だ。今振り返ると、その決断をしなければ、私が今の生活の軌道に乗れないと思う。

  我在日本工作5年后,下决心辞职去上研究生。这也离不开中岛女士对我的鼓励。这个决断在我人生中也是至关重要的。回想起来,如果没有这个决断,我将不会有现在的生活。

  帰国して10年間、日本に行く度にも、中島さんが中国に来る度にも必ずお会いする努力をしていた。合う度に、私にとって、日本での13年間生活での日本のお母さんと再会でき、更に帰省気分になり、日本での青春時代が蘇ってくるように思う。

  我回国已经十多年了,每次无论是我去日本出差,还是中岛女士来中国旅游,我们都会尽力相见。每次相见,我都会回想起我在日本生活的点点滴滴,都会有一种再见到母亲的感觉,更会有回家的感觉。仿佛我又回到了在日本时的青春岁月。

  中国に帰ってきたばかりの時、不慣れと悩みの時期があり、それも中島さんの励ましで、私が中国に居続けるようになった原動力だった。中島さんが特別な感動させる言葉はないが、自らの行動と正しい判断力と人の見る目で周辺の人へ世話と影響を及んでいる。私もその中の一人である。

  回想起来,我刚回到中国时也遇到各种不习惯的事情和苦恼。中岛女士对我的开导成为我一直坚持下来的原动力。中岛女士没有什么特别令人感动的言语,她用自己的行动,正确的判断力以及对人的识别力,照顾和影响着周边的人们,我也是其中之一。

  中島さんとの出会いは私の人生の転換となっていると思う。中島さんは私にとって、先生でもあり、大家さんでもあり、日本のお母さんでもあり、そして私の恩人である。

  我和中岛女士的相识是我人生中的一次转折。中岛女士对我来讲,是房东,是严师,也是我在日本的母亲,更是我的恩人。

  今後も末永くお世話になっていくと思う。引き継ぎご指導宜しくお願いします。

  今后还想继续得到她的孜孜不倦的教诲。还请多多指教。

  作者简介:

  任焱,现居天津,任职于某日企,受中岛老师委托为其自传撰写后记。

028-6199 7390

四川省成都市金牛区蜀西路46号盛大国际7栋1单元401

2019 四川诚谨和律师事务所 蜀ICP备12009100号

技术支持:律品科技